政策

ウクライナをめぐる緊急アピール

 

《緊急アピール》

ロシアのウクライナからの即時撤退を求めます

平和と民主主義をともにつくる会・かながわ

ロシアがウクライナに侵攻し、子どもたちを含む多くの市民が犠牲になっています。

私たちは、誰一人命を奪われたり脅かされたりしないことはもとより、誰もが健康で文化的な生活を送ることのできる人権が保証された世界を求めます。ロシアのウクライナ侵攻に断固反対します。また、ウクライナ政府の一般市民をロシア軍との戦いに巻き込むやり方にも反対します。

私たちは、国連をはじめとした国際機関、各国政府が平和的に解決する環境を作り、即時停戦とロシアのウクライナからの撤退を実現することを強く求めます。憲法9条を持つ日本政府が率先して無条件即時停戦を呼びかける役割を担うべきです。

しかし、日本では、自民党や日本維新の会の一部などが「核共有」を唱えたり、政府があらゆる選択肢を排除しない防衛力増強を明言したりしています。私たちが願う平和な世界はその先にあるでしょうか。

私たちは核兵器も武器もない世界を望みます。世界中の未来ある子どもたちが今まさにそう願っていると思います。国家の力と力の対決ではなく、外交で平和を目指すべきだと考えます。

私たち市民が戦争をやめようと声をあげることには意味があります。ウクライナの市民に日常が戻ることを強く願います。

ロシアやウクライナの中で声をあげている人々をはじめ、世界中の平和を求める市民と連帯して戦争を止めましょう。

2022年4月11日

Copyright© 青島まさはるのページ , 2022 All Rights Reserved.